ふくらはぎ 筋トレ

ふくらはぎの筋トレは美容にも健康にもイイ?

ふくらはぎ 筋トレ

 

ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれるほど重要な部位です。

 

人間は直立で行動する生き物です、そのため心臓を出発した血液は、血管を通り全身をめぐります。

 

しかし、足先に行った血液だけは帰りに重力に逆らわなければいけないのでかなりの負荷がかかっているそうです。

 

そこで、一気に足先から体幹へ血液を押し上げてくれるのがふくらはぎの筋肉です。

 

 

 

なので、ふくらはぎを鍛えると全身の血液の巡りが活性化され、むくみ、冷え症の解消、疲れにくい体づくり、老化防止などに、効果を発揮するそうなんです。

 

心臓は鍛えられませんが、ふくらはぎは鍛える事が出来ます。

 

寒い時期は寝る時に布団の中で足先がいつまでも冷たい、と冷え症に悩まされる…

 

そんな方は、ふくらはぎを鍛えてみると実はすごく効果的なんだそうですよ!

 

 

 

ふくらはぎを筋トレで鍛えると起る効果!

 

ふくらはぎを鍛えると、具体的にどんな効果があるのか調べてみました。

 

 

・ダイエット効果

ふくらはぎの筋肉が発達すると、老廃物を流してくれます。

 

代謝が良くなったら脂肪も燃やしやすくダイエットにも効果的です。

 

老廃物を排出してあげれることで、疲れも取れやすくなります。

 

 

・脚のむくみ解消

下半身に下りてきた血液を心臓に戻す為にしっかり鍛えておくことで、血液の循環がよくなり、脚ののむくみ防止に効果があります。

 

 

・足が速くなる

ふくらはぎの筋肉を鍛える事で、瞬発力と敏捷性が必要なスポーツには大きな効果を発揮します。

 

ふくらはぎの筋肉は、足首で地面をける際の爆発力や粘り強さに効果を発揮しています。

 

 

・ジャンプ力UP

ジャンプ力を飛躍的にアップさせるには、ふくらはぎの筋肉を鍛えていくことが大切です。

 

 

・見た目の印象UP

ふくらはぎの筋肉を鍛えることでふくらはぎのカーブの位置が高くなり、膝下を長く見せる効果、足首を細く見せメリハリのある脚を印象づけることが出来ます。

 

かっこいい脚をつくるだけでなく、健康にまで良い効果があるなんて、なんだかふくらはぎが偉く見えてきましたよね!

 

 

ふくらはぎの効果的な筋トレ方法

 

スクワットは下半身全体を鍛えることができる。

 

というイメージをお持ち人も多いと思いますが、正確に言うと正解ではないそうです。

 

確かに下半身の多くの筋肉を鍛えることができる非常に有効なトレーニングです。

 

ですが、膝から下の筋肉部分を鍛えて発達させていくには、また別のトレーニングをしっかり入れていかなくてはいけません。

 

そんなふくらはぎのトレーニング方法は、簡単にできるんですよ!

 

 

≪ふくらはぎのトレーニング方法≫

 

・足首が上下出来るように台などの上に立つ
・体がぶれないように前や横の壁に手をつき安定させる
・つま先立ちになる
・背筋を伸ばしたままゆっくりとかかとを上下する
・1セット15〜20回が目安

 

これは、ふくらはぎを鍛える基本のトレーニングのため、ふくらはぎの発達や引き締めだけでなくフォームの習得にも役立つそうです。
いつでもどこでも出来るトレーニング方法なので、家やオフィスなど隙間時間を見つけてトライしてみて下さい。

 

また、ふくらはぎは日常的に酷使されているので、しっかりケアをしてあげる事も大事です。

 

湯船につかる(足湯でもOK)、ストレッチをする、マッサージをするなど、ケアしてあげるとトレーニング効果もアップします。

 

 

 

ポイントはむくみやコリが溜まる前に、ケアする事です!

 

筋トレの後や寝る前などに行うといいそうですよd(-ω・。)

 

第2の心臓を鍛えて、健康増進を目指しましょう♪