ふくらはぎ ストレッチ

ふくらはぎのストレッチが必要なワケ

ふくらはぎ ストレッチ

 

ふくらはぎには二つの役割があります。

 

一つは、足を動かすための”パワーとしての役割”です。

 

立っている時や、歩いたりする時に必要になる筋肉です。

 

ふくらはぎの力が弱いと、足が疲れやすくなるだけでなく、腰痛や膝痛などを引き起こしてしまう原因にもなります。

 

 

 

もう一つの役割は、血液やリンパの流れをスムーズにするための”ポンプとしての役割”です。

 

心臓には新鮮な酸素を含んだ血液を、体の隅々まで送り出す役割があります。

 

しかし、心臓のポンプ作用は血液を体の隅々まで行き渡らせることは出来ても、再び心臓まで戻す力はありません。

 

その点、血液だけでなくリンパ液も押し戻す役割を持っているのが、ふくらはぎの筋肉なんです。

 

 

 

だからこそ、そのポンプ機能がしっかり働くためには、ふくらはぎの柔軟性が必要なんです。

 

また、そのポンプ機能が低下すると、リンパの流れが悪くなって「むくみ」となります。

 

ふくらはぎを細くしたい。そう思う女性も多いと思いますが、そのむくみを解消することでスッキリとした脚を手に入れる事が出来るかもしれませんよ!

 

モデルさんなどが、マッサージやストレッチを欠かさないのには、そういった理由もあるんです!

 

 

ふくらはぎを細くするストレッチ方法

 

ふくらはぎを細くしたいなら、まずむくみを取ることからはじめた方が効果的です!

 

色んなストレッチ方法はありますが、簡単な方法を1つを紹介します。

 

両足のかかとを床に付けたままで行います。

 

 

1.前傾姿勢をとる
壁や台などに両手を付け前傾の姿勢をとる。

 

 

2.前後に足を広げる
かかとをつけたままで足を前後に開く。後ろの足が身体の真後ろに来るよう意識してください。
前後の足の開きが大きいほど、ストレッチ効果は高いです。

 

 

3.前の足の膝を曲げる
後ろの足のかかとを床につけたまま、前の足の膝を曲げる。
後ろ足の膝はしっかりと伸ばしたままにしておきます。
前足と後ろ足を入れ替え、同じようにストレッチ。

 

 

4.腓腹筋が伸びているか確認
後ろ側にあるふくらはぎの筋肉が伸びていることを確認しましょう。
実感できれば正しいやり方です!

 

 

 

立った状態で出来るところが手軽でやりやすいですね。

 

立ち仕事の方も、オフィスで座りっぱなしの方も合間に簡単ストレッチを取り入れてみて下さい。

 

 

 

ふくらはぎを柔らかく保つ方法

 

ふくらはぎは第二の心臓とも言われる重要な役割を担うところです。

 

柔らかく保つために、日常ではこんな事を気をつけてみて下さい。

 

 

・踵の高い靴は常用しないように
ハイヒールなどの踵の高い靴は、ふくらはぎの筋肉が短縮するだけでなく、
安定して立つためのバランスも必要になるため、ふくらはぎが過剰に活動します。
時々使用するなら問題はありませんが、ふくらはぎの為には常用は避けた方がいいですね。

 

 

・立つ時間が長い方は、一日に何度かふくらはぎのストレッチを
一日のうちで立つ時間が長い方は、意識的にふくらはぎのストレッチをして、
筋肉の張りが強くならないように対策しましょう。
ストレッチは一度にまとめてするより、一日に数回行ったほうが効果的です。

 

 

・普段の立位姿勢を見直す
綺麗な姿勢で立つことは、体の各筋肉の負担を最小限にします。
足のうら全体で体重を支えるイメージで、立つように心掛けましょう。
腰が反り過ぎていないか、頭を前に突き出していないか、自分の立ち姿を鏡で見て確認する習慣を持つようにしましょう。

 

 

 

日常のちょっとした心がけで、ふくらはぎがやわらかく体の健康を維持する事にもなるんですよ。